ミニ法話
法華宗真門流ホーム > ちょっと豆知識 > ミニ法話 > 烏竜と遺竜のお話し

烏竜と遺竜のお話し

記事:布教師 柳楽 諦謙

『上野尼御前御返事』の御妙判の中に、こんなお話しがあります。

昔、中国に烏竜と遺竜という国一番の親子の書道家がおりました。 
父の烏竜は、仏教ぎらいで、「仏教は書写しない」と願を立てていました。 
烏竜は、晩年、重い病気になり、死の間際に、息子の遺竜に、「お前は、私の子だ。たとえどんな悪いめぐりあわせになっても法華経を書写してはいけない。」と言い残して死にました。 
息子の遺竜は、父の意思をついで、自分も法華経を書写しないと願を立てておりました。

ところが、その国の王様は、仏教を信仰し、中でも法華経を厚く信仰しておりました。 
ある日、王様は、自分の信仰している法華経を国一番と言われる書道家、遺竜を呼んで、書写するよう命じました。 
遺竜は、「法華経を書写してはならないという父の遺言がありますので、こればかりは、お許しください。」と申し上げました。 
王様は、父親の遺言なら仕方がないとあきらめ、ほかの書道家に法華経を書いてもらうことにしました。

しかし、ほかの書道家に書いてもらった法華経は、納得がいかなかったので、 遺竜をもう一度呼んで頼みました。 
王様は、父親の遺言だから法華経の写経をあきらめましたが、法華経の八の巻の表題「妙法蓮華経 巻第一 から 巻第八」までだけでも書いてもらいたいと言いましたが、遺竜は、何度も断り続けました。

しまいには、王様は、怒って、お前の父親とて私の下臣であり、親不孝になると言って書かないのは、王様の命令にそむく罪 (死刑の罪) にあたるぞと言われて、死刑を免れるため仕方なく法華経の表題だけを書きました。

遺竜は、父の遺言にそむき、裏切ったことで、親不孝をしてしまったとの後悔の念で、父の墓前で謝り続けたのでした。 
遺竜は、もうろうとしている夢の中で、大空から天人が一人おりて来るのを見ました。 
天人に向かって、遺竜は、「あなたはどなたですか?」と尋ねました。
天人は、言いました。 「私は、お前の父の鳥竜だよ、私が人間界にいた時、仏法を毛嫌いし、ことに法華経を敵視したために無間地獄に落ちてしまった。 
毎日、毎日、舌を抜かれること数百回、あるいは死に あるいは生き返りして苦しめられるので、天を仰ぎ地に伏して歎き悲しんだのだが、いっこうに許してもらえない。
そこでお前に助けてもらおうと思ったけれども、連絡の取りようもない。
さらに辛いことには、お前が私の遺言を忠実に守って『仏経は書写しない』と言ったものだから、その言葉が、炎となって私の身を焼き、剣となって体につきささるのだ。

これは自業自得であって、誰も怨むわけにはいかない。 
あきらめていると、金色に輝く仏様が一体、無間地獄に出現され、 私は不思議に思って『あなたは、どういう仏様でいらっしゃるのですか』とお聞きすると、仏様が『私は、お前の子の遺竜が今度書いた法華経の表題 六十四文字のうちの妙という一字である』とお答えになられて、その後も、沢山の仏様が現れたのでした。

法華経八巻の表題は〈妙法蓮華経・巻第一〉といったように、八文字の八倍で六十四文字で、その一文字一文字が、六十四体もの仏様となり、現れ、無間地獄はそのまま常寂光の浄土となって、私も天人に、他の罪人たちも、皆仏様となったのでした。

父親は、この奇特な出来事をお前に知らせるために今こうして現われたのだ と答えました。 
遺竜が「しかし、法華経の表題の六十四文字は、私がこの手でいやいや書かされたというのに。それなのになぜ父上が救われるのでしょう。」と言うと、 父の天人が答えるには「お前の手は私の手、お前の体は私の体なのだ。だからお前の書いた字は私が書いた字なのだよ。お前は仏法を心から信じていたわけではないが、手が法華経を書写したので、その法華経の持っている力の功徳によって私が救われたのだ。法華経の功徳も同様に、意識はしなくても少しでも触れると、それだけで必ず仏になるのだ。」と。

夢心地から覚めた遺竜は、このことを王様に申し上げ、より一層、法華経を信奉するようになりました。
というお話であります。

このお話しからも、いかに法華経には、すべての人を救うという力があるかがわかります。 
法華経を忌みきらい、苦しみながら死に、無間地獄におちた父親は、いくら後悔しても過ちに気づいても、自分ではどうすることもできず、ただ、苦しむだけでした。たとえ、遺竜の意思とは違えども、法華経の文字を書写し触れたことで、無間地獄におちてしまった父親を救うことができたのです。そして、その法華経の功徳は、父親を救っただけでなく、無間地獄にいた他の罪人さえも一緒に救うことができるほどの力の功徳があるのです。 
法華経は、お釈迦様が沢山説かれたお経の中で、一番説きたかったものです。それは、すべての人を救うために説かれたものです。先ほどのお話しの中にもあったように、法華経の表題一字だけでも仏様となり、私たちを救って頂けるのです。法華経は、何も意味がわからなくても法華経に接すれば接するほど、法華経の計り知れない徳を頂くことができるのです。 
皆さんもこれを機会に、法華経を読んだり、書写してみてはいかがでしょうか。そして、法華経の功徳をご家族や周囲の方にもわけてあげていってくださいませ。

南無妙法蓮華経


ミニ法話トップへ戻る

このページのトップへ ▲