ミニ法話
法華宗真門流ホーム > ちょっと豆知識 > ミニ法話 > 「本心を取り戻す唯一の方法」

「本心を取り戻す唯一の方法」

記事:布教師 安井 泰信

この法話の音声ファイルを開く

 現在、世界各地でテロが頻繁しております。日本人にも多数の犠牲者が出てしまいました。心よりご冥福をお祈り致します。

 たとえいかなる理由があるにせよ、その行為を、決して容認することはできません。

 お釈迦様は、第一に「不殺生戒」、人を殺すことを戒めております。お釈迦様は、生まれてすぐに、七歩歩いて天上天下唯我独尊(天の上にも天の下にも唯だ我独り尊い)と宣言をされました。この宣言は、独善的なものではなく、自らが何よりも尊いという事は、他の人も自分と同じ様に、何よりも尊い存在であるという事であります。

法華経には、愍衆生故 生此人間(衆生をあわれむが故に、この人間に生まれたり)と説かれております。私達は、他の人を助ける為に、この人間に生まれたのであります。しかし、法華経には、失本心故(本心を失うが故に)とも説かれており、他の人を助けるという本来の心(本心)を失っている、とお釈迦様はおっしゃっておられます。私達は本来、他の人を助け、救う為に生まれてきているはずが、いつの間にか、その大事な本心を失ってしまいました。

日蓮聖人は「本心と申は法華経を信ずる心なり」とおっしゃっておられます。

法華経を信ずる心、つまりは、南無妙法蓮華経のお題目こそが、この世界を救う事ができる唯一の方法である事をお教え下さいました。法華経を信じ、南無妙法蓮華経のお題目を自らも唱え、他の人へと伝える事こそが、本心を取り戻す唯一の方法でございます。

合掌


ミニ法話トップへ戻る

このページのトップへ ▲